ホワイトニングとは?

A.大きく分けると、「ステインクリーニング」と「ホワイトニング」があります。

「ステインクリーニング」は、ステインやタバコのヤニ等、歯の表面の外因性着色を除去する方法、「ホワイトニング」は、エナメル質に作用し、内因性着色を分解する方法です。さらに、ホワイトニングには、「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」がございます。「オフィスホワイトニング」は、be-whiteにお越しいただいて、歯科衛生士がルマクールを用いて行う方法、「ホームホワイトニング」は、ご自宅で好きな時間にご自身で行っていただく方法です。

A.審美歯科とは広い意味で使う言葉ですので、歯の表面を薄く削って白い歯を被せたり、歯並びを変えたり(歯列矯正)といったことも含まれます。

be-whiteのホワイトニングサービスでは「歯を削らず、もともとの歯の状態で、色だけを漂白する」という方法で施術いたしますので、歯を削る処置や、歯列矯正は行なっておりません。

A.現在、be-whiteで行っている新しい歯のホワイトニングは、歯の神経を抜いたり、削ったりする必要はありません。

以前のホワイトニングは、歯の神経を除去して、歯の中に過酸化水素水を入れることにより、歯を漂白をしておりました。現在、be-whiteで行っている新しい歯のホワイトニングは、歯の表面に漂白剤(ホワイトニングジェル)をのせてLEDの光を照射し、漂白剤を活性化させて漂白を行います。そのため、歯の神経を抜いたり、削ったりする必要はありません。

ホワイトニングの効果について

A.変色の原因が溝に入り込んだステイン(茶渋等)の場合でしたら、ステインクリーニングでかなり落とすことができます。

しかし、変色の原因が歯の溝にできた虫歯の場合には、残念ながらホワイトニングでは元に戻りません。歯科衛生士がお口の中を拝見し、アドバイスさせていただきますので、それからご検討されてはいかがでしょうか。まずはお気軽にお電話ください。

A.歯の質にもよりますが、ホームホワイトニングを根気良く続けていただければ、歯をかなり白くすることができます。

しかし、人間の目は微妙な色の変化を識別しにくいので、色が白くなればなるほど、日々の変化はわかりにくくなります。be-whiteでは、そんな方のために「シェード・アイ」という測定器を用いて無料で歯の色を測定するサービスをご用意しております。もし、ホワイトニング効果に不安をお持ちになられたら、お気軽にご連絡くださいませ。

A.すぐに元に戻ることはありません。

すぐに元に戻ることはありませんが、海水浴やスキーなどで紫外線が歯にあたると、色が戻りやすくなる場合があります。その場合は、ご自宅でホーム・ホワイトニングをしていただくことで、白さを取り戻すことができます。

A.はい、できます。

タバコのヤニは「外因性着色」ですので、ステインクリーニングで、除去することが可能です。さらに歯の内面からの白さをご希望であれば、ルマクールホワイトニングやホームホワイトニングをご検討くださいませ。

A.歯科医院でのステインクリーニングを日常的に受けておられ、いつも歯がきれいな状態の方は、ルマクールホワイトニングのみで問題ありません。

しかし、歯の表面に汚れが付いたままでは、ホワイトニングをしても、薬剤が歯まで浸透しにくいため、十分な効果が得られませんので、ほとんどの方は、セットでステインクリーニングを希望されておられます。一般的にステインクリーニングを併用された方が、より大きなホワイトニング効果が期待できますので、ぜひご検討ください。

A.約一週間です。

お使いになるホワイトニング剤の濃度や個人差もありますが、毎日行われた場合には、一週間程度で変化を実感される方が多いようです。

対象となる歯について

A.治療している歯があっても、ご自分の歯の色を漂白することは可能です。

歯の漂白(ホワイトニング)は、治療している・していないに関わらず、ご自分の歯のエナメル質の色自体を漂白する方法です。ですから治療している歯があっても、ご自分の歯の色を漂白することは可能です。また、セラミックの差し歯にされるご予定でしたら、治療前に差し歯にする歯以外の歯をホワイトニングされることをおすすめします。差し歯は周囲の歯の色に合わせて製作するため、差し歯製作後にホワイトニングされますと、差し歯は元の着色した状態の色のままですので、差し歯と差し歯以外の歯の色が違って見えてしまいます。(差し歯はホワイトニングできません)
セラミックの美しい冠をお作りになるのでしたら、ホワイトニングをされてからの方が価値がより上がるのではないでしょうか。

A.歯石をきれいに取って、歯茎が健康になってからのほうが良いでしょう。

前歯の表側に大量の歯石があると、歯石が邪魔をしてホワイトニングができません。やはり歯石をきれいに取って、歯茎が健康になってからのほうが良いでしょう。また、歯石が多く付いているようでしたら、磨けていると思っていても歯ブラシがうまくできていない可能性もあります。その結果、歯の表面に着色汚れ(ステイン)が付着しているだけにすぎないかもしれません。その場合、ステインクリーニングで歯の着色を取ることで、本来の白さを取り戻せるかもしれません。be-whiteの歯科衛生士は、歯石やステインの除去などのオーラルケアについても充分な訓練も受けておりますので、どうぞ安心しておまかせください。

A.歯並びが悪くても、ホワイトニングはできます。

ただ、虫歯があったり、詰めてあるものが合っていなかったりすると、そのままではすぐに漂白することができない場合があります。歯並びが悪い方がホワイトニングをされると、「歯並びの悪さが漂白によって目立たなくなる」という効果もあります。

A.根気良く続けていただくことで、白い歯に近付けることが可能です。

変色の程度にもよりますが、be-whiteでのホワイトニングを定期的に受けていただく、あるいはホームホワイトニングを根気良く続けていただくことで、白い歯に近付けることが可能です。ただ、一度のホワイトニングで真っ白に、というのは難しいと思います。一般的には、歯を削ってその上から被せ物をする、という方法で白くするのが主流ですが、be-whiteで行うホワイトニングには、歯を一切削らない、という利点があります。まずは be-whiteのホワイトニングを試されてから、ご検討されてはいかがでしょうか。

A.ステインクリーニングとルマクールホワイトニングを同時に施術されることで、見違えるほどきれいになります。

タバコのヤニの着色の場合、ステインクリーニングで着色除去(歯の表面の汚れを落とす)を行うと、見違えるほどすみずみまで歯がきれいになりますが、歯自体の色の場合は、着色除去だけでは白くなりません。その場合、漂白剤を用い、ルマクールホワイトニングかホームホワイトニングを行い、歯のエナメル質自体を白くすることが必要です。大量の着色が付いている場合は、歯自体にも色素沈着している場合がほとんどですので、ステインクリーニングとルマクールホワイトニングを同時に施術されることで、見違えるほどきれいになります。

A.はい、できます。

ルマクールホワイトニングは、歯を白くするLEDライトの光が届く範囲に限界があるため、前歯のみを対象としております。奥歯まで白くされたい方はホームホワイトニングをお試しください。ホームホワイトニングにつきましては、サイト内のホームホワイトニングのページをご参照下さい。

A.白くはなりますが、神経のある歯と比べると、残念ながらホワイトニングの効果は出にくくなります。

また、神経のある歯と同時にホワイトニングをした場合に、結果的に色の差が目立ってしまう場合もございます。

安全性について

A.約一週間空けてください。

短期間でかなり白くされたい場合、1週間ほど間を空けていただければ大丈夫です。

A.ホワイトニングをすることによって、歯の質が弱くなったと言う報告はありません。

ホワイトニングに使う液は、30%の過酸化水素水(オキシドール)を使用しております。このオキシドールは、米国食品医薬品局(FDA)でホワイトニング剤としてではありませんが、口腔内殺菌剤としての安全性を保証しています。どうぞご心配なく。どうしても気になる方には、フッ素配合のうがい薬や、エナメル質修復作用のある歯磨剤をおすすめします。

A.しみることも考えられますが、一過性のものです。

ホワイトニング中は、みなさん大変リラックスされた状態で施術を受けられます。眠ってしまわれる方も、よくいらっしゃいます。虫歯のある方や、詰め物が欠けてそのままになっている歯がある方、歯が小さすぎる方、歯茎が下がっている方は、しみることも考えられますが、一過性のものですので、ホワイトニングが原因で知覚過敏になる心配などはありません。

持続性について

A.“理想の白さ”には個人差がありますので一概には言えませんが、半年に1回位のペースでされる方が多いようです。

ホームホワイトニングをされている方は、ホワイトニング効果が長続きしますので、オフィスホワイトニングのみをされている方より長い間隔を空けていただいても結構です。歯質にもよりますが、ホワイトニング効果のある歯磨剤をお使いいただくことなど、お手入れ次第では1年以上白さを保つことが可能になります。

A.個人差がありますが、色戻りの主な原因としては、多量の紫外線、加齢、タバコ、着色しやすい食べ物等が考えられます。

一日でも長く白く美しい歯を保っていただきたいのですが、ルマクールはホームホワイトニングとは違い、一度の施術ではホワイトニング効果に限界があります。一度ホワイトニングをした歯が元の歯の色まで戻るのには個人差がありますが、色戻りの主な原因としては、多量の紫外線、加齢、タバコ、着色しやすい食べ物等が考えられます。ホワイトニング効果の持続には、もちろんホームホワイトニング、ルマクールホワイトニングを定期的に行っていただくことがいちばんですが、前述の色戻りの主な原因を出来るだけ避けていただき、「着色の原因」を確実に落とすブラッシングをすることも大切です。歯科衛生士によるブラッシング指導もございますので、ご希望の方はお気軽にお申し付けください。また、様々なホームケアアイテムも取り揃えておりますので、おひとりおひとりに合った商品をご紹介させていただきます。ご来院の際にご相談ください。

A.ルマクールで永久的に、というのは難しいです・・・。

長期的な白さをお望みの方には、ホームホワイトニングがおすすめです。ご自身で「歯が黄色くなってきた」と感じられたときに、ご自宅でいつでも簡単にホワイトニングをしていただけます。また、加齢に伴う歯の黄ばみは誰しもあるものですが、タバコのヤニや茶渋などのステインは、ステインクリーニングで取り除くことができます。しかし、ホームホワイトニングではステインは落とせませんので、ステインが付きやすい方は、時々be-whiteに歯のお掃除を来ていただくことをおすすめします。

食事制限について

A.残念ですが、「大丈夫です!」と、はっきりはお答えできません。

ホワイトニング後にお食事を制限させていただくのには、理由がございます。オフィスホワイトニングの施術後は、目で見た感じや舌触りでは気が付かない程度ものですが、歯の表面にでこぼこのミクロの溝ができることがあります。これは短時間で人為的に歯の表面を漂白しているので誰しも起こりうるもので、その溝はだいたい48時間で再石灰化等の働きにより、もとのツルツルの表面に戻ります。
その間に、ミクロの溝に色の濃い食べ物の色素が入り込んでしまうことを防ぐために、ホワイトニング後48時間は、色の濃い食べ物をお控えいただいているのです。48時間を過ぎてからのお食事については特にお願いはしておりませんが、歯の白さを長持ちさせたいのであれば、極力色の濃い食べ物はお控えいただいたほうがいいかもしれません。

その他

A.まずは、be-whiteにご連絡ください。

ホワイトニングによる一過性の痛みですので、しばらくの間は連続して行わず、ホームジェル(フッ素)やアパガードリナメル(薬用ハイドロキシアパタイト)などで歯を休ませてください。

A.はい、可能です。ルマクールホワイトニングのみでも受付させていただきます。

be-whiteでルマクールの施術前にステインクリーニングをおすすめする目的は、ルマクールの薬剤が歯に浸透するのを邪魔してしまう、歯の表面に付いた汚れを落とすことです。そのため、既に歯の表面がきれいな状態でお越しいただく場合は、ルマクールのみの施術で全く問題ありません。ですが、数日の間に再び汚れが付着することがありますので、ホワイトニング直前にステインクリーニングを行う方が、結果としてより白さを体感していただけることと思います。ぜひご検討くださいませ。

A.もちろん、結構です。

まずはお電話でお気軽にご連絡ください。またご来院の際に、ホワイトニングについての詳しくご説明させていただきますので、じっくりご検討の上お選びください。

A.細かい微調整まではできません。

差し歯との色の違いにもよるのですが、ホワイトニングは個人差や、同じ人でも歯によって色の差が出ることがありますので、細かい微調整まではできません。差し歯がレジンであれば、白くなった歯に合わせて作り直す方が自然です。

阪急宝塚線梅田駅から急行で2駅
豊中駅より徒歩4分!